問い合わせ 問い合わせ

集客動画 集客動画

資料ダウンロードボタン 資料ダウンロードボタン

ニュース・トレンド

現役美容師おすすめ! シャンプーの選び方のポイントを解説します

シャンプーを買おうと思っても、たくさんの種類があって迷ってしまいますよね。
シャンプーを選ぶ際に気をつけるべきポイントや、髪質に合った選び方について、現役美容師ライターのまーるが解説していきます。

どんな種類があるの?

シャンプーの種類は、主に以下の5つの界面活性剤の種類によって分けられます。

  • 高級アルコール系
  • 石けん系
  • アミノ酸系
  • ベタイン系
  • コラーゲン系

この界面活性剤によって、洗浄力の強さが決まります。
特に高級アルコール系や石けん系は洗浄力が高いので、脂性肌でカラーやパーマをしていない方に向いています。

アミノ酸、ベタイン系、コラーゲン系は美容専売品のシャンプーに多く見られます。頭皮に優しい洗浄力なので、お肌が弱い方や髪が傷みやすい方におすすめです。

高級アルコール系や石けん系は泡立ちがよいですが、お肌が弱い方だと頭皮トラブルの原因になってしまったり、髪がパサついてしまうというデメリットがあるので、後々のヘアケアが大変です。
長い目で見ると、質のいい界面活性剤を使うことが望ましいでしょう。

シャンプー選びのポイント

シャンプーに入っている成分によって効果が異なります。お肌が弱いなら洗浄力の優しいシャンプー、髪が広がりやすいならシリコンシャンプーなどと、肌質・髪質にあったシャンプーを選ぶのがポイントです。

また、ヘアカラーやパーマをしている方は、洗浄力の優しいシャンプーを使いましょう。色持ちや、カールの持ちがよくなりますよ。

結局どれがおすすめ?

最も安心で失敗が少ないのは、美容室でシャンプーを購入することです。
美容専売品のシャンプーは、界面活性剤は肌に優しいもの、そして毛髪補修成分などが入っているシャンプーが多くあります。

また、担当してもらっている美容師は、あなたよりもあなたの髪質や頭皮の状態について詳しく熟知しています。プロの視点から髪質を診断してくれるので、あなたに合ったシャンプーを提案してくれますよ。

シャンプーで髪質改善はできる?

クセが強ければ難しいですが、髪に合ったシャンプーを使い続ければ、ある程度髪質改善することが可能です。シリコンが入っているかどうかでも、髪の仕上がりが変わります。

たとえば、髪がボワッと広がりやすい方は、シリコン入りのしっとりするシャンプーを使うのがおすすめ。
シリコンは重くしっとりした仕上がりになるので、広がりやすい髪質に向いています。

反対に、髪がペタッとなりやす方は、ノンシリコンシャンプーを使うとサラッと仕上がりますよ。

まとめ

今回は、シャンプー選びのポイントについて解説させていただきました。
自分に合ったシャンプーの見つけ方は、行きつけの美容師さんに相談してみるのが一番の近道になります。

もちろん合う・合わないはありますので、まずは1本使い切ってみて、髪の変化を観察してみてください。そこで物足りなさを感じたら変えてみる、という風に理想のシャンプーを探しましょう。

ぜひシャンプー選びの参考にしてみてください。

美容室の経費削減、解決します!
—>