問い合わせ 問い合わせ

集客動画 集客動画

資料ダウンロードボタン 資料ダウンロードボタン

マネー

フリーランス美容師の面貸しとは? シェアサロン、業務委託の違いは?

美容師になって将来どのようなスタイルで働いていくのかが重要になっていきます。最近ではフリーランスで働く美容師も増えており、働き方が多様になってきています。

将来サロンを経営していきたいけどまとまった資金がない方や、経営の知識に不安がある人でも、独立開業できる働き方があります。

その選択肢の一つとして「面貸し」というシステムがあるのはご存知でしょうか。今回は面貸しについてのメリットやデメリットなど面貸しについて詳しく解説していきたいと思います。

面貸し(ミラーレンタル)とは

面貸しとは、サロンの空いているスペースや営業時間外に店舗を利用できる、いわば「貸し出しサロン」のような制度です。面貸しはミラーレンタルとも呼ばれています。海外では面貸しは一般的な働き方として確立されたシステムなのです。

最近は面貸しサロンも出来るほど日本にも浸透しています。面貸しは、その美容室に雇用されていなくても店舗のオーナーと契約することにより、契約した側は「面貸し利用者」として自分の都合に合わせて働けるのです。では、面貸しのメリットとデメリットを見ていきましょう。

面貸しのメリット~フリーランス美容師側~

自分の都合に合わせて働ける

店舗に雇用されて働いていると、まとまった休みをとることが難しいです。サービス業ということもあり、店舗の事情や営業日に合わせなければいけないことが多くなります。面貸しの場合は、自分の都合で働けるのでスケジュールは自由に調整できることが大きなメリットです。

たとえば、雇用されていないのでダブルワークなども可能になり、さまざまな分野での仕事ができるようになります。自分のやりたいことに挑戦でき、仕事の視野を広げられるのが魅力です。そのほかにシフトに縛られることがないので、結婚後に復帰したいと思っている主婦の方にもおすすめです。

独立開業に比べてリスクが低い

自分のサロンを始めようとする場合、テナントを探したり、必要な設備の準備、初期費用の支払い、スタッフを探すなどをする必要があり、かなりの労力を使います。このように経営リスクも少なく、面貸しの場合は、もうすでに全部揃っている状態で働けるので、そういった手間がかからないで済むのです。

また好立地な店舗などで面貸しの契約ができた場合は、集客効果も期待できるので売り上げに影響していきます。

面貸しのデメリット~フリーランス美容師側~

給与の保証がない

面貸しは基本的にすべて自分の責任で行わなければなりません。サロンとの雇用契約がない分、自由には働けますが給与の保証はありません。

売り上げはサロンとの契約内容によって利用時間の単価が定められている場合と、歩合制の場合があり、月給額が安定しない場合もあります。

しかも、独立しているわけではなくスペースを借りているだけなので、集客からお会計までのすべての作業を自分でこなさなければならず、自分のモチベーションを維持するのも大切です。

自分で税務署に申告しなければならない

お店に雇用されていないということは、収入などを自分で確定申告しなければなりません。面貸しとして働くということは、個人事業主として開業したことになります。
面貸し美容師を始める際には、税務署に届出書を提出しましょう。

  • 個人事業の開業届出書
  • 所得税の青色申告承認申請書

開業届には、提出期限があるので忘れずに対応しましょう。
国税庁のHPから開業届をダウンロードすることができます。
【国税庁】個人事業の開業・廃業等届出書(提出用・控用)(PDF/865KB)
個人事業の開業・廃業等届出書

フリーランス美容師としてどの働き方を選ぶ? 面貸し、シェアサロン、業務委託の違いについて

面貸しとシェアサロンと業務委託。どのような違いがあるのかご存知でしょうか? 実はまったく違う営業形態なのです。

面貸し

美容室のセット面を借りて、お客様に施術し、使用料をサロンオーナーに支払います。
面貸しの場合、集客から自分で行わなければならないので、サロンは何もしてくれないのが一般的です。施術料金は自ら設定でき、収入は全部がスタイリストに入ります。そして、その中からサロンに対してテナント料を支払う形になります。

シェアサロン

シェアハウスをご存じならイメージできると思いますが、1つのサロンを複数人でシェアすることからシェアサロンと呼ばれています。
自己集客ができる美容師に需要があり、近年増加している傾向にあり、インフルエンサー美容師におすすめですね。

美容室の空いている席の一部をレンタルする面貸しとは違い、シェアサロンでは、場所だけでなく施術に使う道具などもレンタルできるので、必要最低限の道具でお客様にサービスを提供することも可能です。

業務委託

業務委託の場合は、店舗を訪れた顧客にサービスを提供できるので、集客の必要はありません。料金はサロンの設定料金に従います。売り上げはすべてサロンに入り、その中からスタイリストに配分されます。

どれにも言えることは、金銭面の保証はないが、自分の頑張り次第で手取りが変わってくるということです。実力とともに責任感が伴わないと続けていくのは難しいでしょう。では、面貸しをするオーナー側にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

面貸しのメリット~オーナー側~

空いているスペースを有効活用できる

スペースが空いていたら、売り上げにつながらないので、できれば上手く活用したいですよね。スタイリストを新たに雇うと、労災保険や雇用保険、社会保険料などの負担がかかってしまうので、収益を上げるのが難しくなってしまいます。

また新人を雇うと育てなければならないですが、面貸しをすることによってその時間も必要なくなります。場所だけを貸し出すという形をとることで、時間や空いているスペースを有効的に使うことができるのです。

面貸しのデメリット~オーナー側~

利用するスタイリストによって、お店のイメージを損なう

お客さんにとって、その美容師が店に雇用されているかどうかなどは関係ありません。フリーランスの美容師でも、そのお店の顔になってしまうのです。顧客とスタイリストの間でのトラブルがあった時の対応が重要になります。面貸し利用者側のスタイリストも、自分のお店という感覚が薄いのできちんと自覚があるかどうか見定めるのが難しいです。

契約書の準備をしなければならない

税務署と労働基準監督署に面貸しの請負契約を証明しなければならず、手続きをする労力が必要となります。なお作成した書類は弁護士に確認してもらうのが確実です。法的に意味をなさなければならないので、万が一トラブルが起きたときに面倒なことにならないようにしましょう。

また、面貸しをする前にテナントオーナーに面貸しが可能かどうか確認しましょう。黙って行って「又貸し」と判断されると、「賃貸借契約違反」となってしまう場合があるので気をつけましょう。

利用する側もオーナー側もトラブルにならないように

それぞれのサロンによって契約内容は細かく違ってきます。トラブルを避けるために、必ず業務委託契約書を結び、決まり事を確認しておきましょう。特に金銭面でのトラブルは厄介なので、歩合だったら割合をはっきりさせる、材料費、アシスタントの利用の有無など重要な箇所は特に曖昧にしないようにします。そして口頭での約束事はやめて、すべて書面に残すようにするとよいでしょう。

まとめ

面貸しはいわば、個人事業主として働くことです。借りる側もきちんと誠意をもって、貸す側も気持ちよく使ってもらえるようにして、お互い有意義な関係を築きましょう。

自分らしく働きながら独立開業の知識を学ぶことができ、独立開業に比べリスクが低いので、独立を目指している方にはメリットがある働き方なのではないでしょうか。

開業するために資金を貯めながら経営のノウハウを学びたい方は、今回紹介した働き方も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

コロナ対策、経費削減にも効果あり!
美容室向け電子書籍読み放題サービス「ビューン読み放題タブレット」
サービス詳細・お問い合わせはこちらまで!

美容室の経費削減、解決します!
—>