問い合わせ 問い合わせ

集客動画 集客動画

資料ダウンロードボタン 資料ダウンロードボタン

集客

メンズサロンの集客方法。男性に愛されるサロン作りのコツとは

メンズサロンの集客方法

美容室の集客や売り上げを上げるために欠かせないのが、男性顧客の獲得です。男性客を集客するためにはどうすればよいでしょうか? 男性客を積極的に増やしたい美容室のための集客術などをご紹介します。

メンズのヘアサロンはまだ少ない

脱毛やエステもメンズ専用のサロンがあるように、美容室もメンズ専用のサロンがあります。しかし、男性専用と言えば理容室が主なので、メンズサロンと呼んでいる美容室は全国的に見ても少ない傾向にあります。

昭和の時代は女性が行くのは美容室、男性は理容室や床屋と明確に分けられていました。
理容室は男っぽいメンズカットを志向していますので、パーマやカラーを主体としたスタイルを求められるお客様には向いていません。

平成に入りカリスマ美容師がトレンドに拍車をかけたことがきっかけで、男性が美容室へ行く時代になりました。

男性客に利用してもらうには

今や女性だけでなく男性も当たり前に美容室を利用しています。宣伝やサービスなどは女性を惹きつけるものに力を入れがちですが、男性層も収益アップのためには重要なターゲットなのです。
男性にも気軽に利用してもらえる美容室になるように、さまざまな方法を取り入れていきましょう。

カットモデルにメンズモデルを載せる

美容室の宣伝広告媒体として、チラシやウェブサイト、SNSなどがあります。
女性のモデルばかりでなく男性のモデルを起用し、さまざまなヘアスタイルを載せることで、この美容室はこういうカットをしてくれる、男性を歓迎しているということが非常に伝わりやすく男性客が足を運ぶきっかけになります。
SNSなどを利用している場合は定期的にメンズのカットモデルをアップすることでさらにイメージが湧き、通いやすくなるでしょう。

男性限定クーポンを作成する

足を運んでもらえるきっかけとしてメンズカット限定のクーポンなどを作成しましょう。
新規顧客獲得のため、まずは来店してもらうことが大切です。
そこでお店の雰囲気やサービス、カットの出来などを知ってもらうことでリピートしてくれるか判断してもらえます。

男性向けのサービスを用意する

男性にも利用してもらいたいのなら、雑誌やヘアカタログも男性向けのものを用意したり、メニューにメンズカットという項目を増やし男性に利用しやすい環境を作っていきましょう。
さらに男性特有の悩みに対応した頭皮ケアや育毛メニューがあると、より男性に特化した美容室となります。
カットとヘッドスパがセットになったメニューを割引価格で出すなど、男性限定のオリジナルメニューを作るのもいいでしょう。

男性客を増やすメリットと特徴

女性とは違いカットのみの利用が多い男性客ですが、集客することでさまざまなメリットがあります。

リピートしてくれる可能性が高い

男性客は女性客と比べるとリピート率が高いです。
一度来て気に入ってくれると、他の店に変えることが少なく常連として通ってもらえる可能性があります。
男性は自分の「行きつけの店」を求めている傾向があるため、初めての来店で気に入ってもらう工夫が必要です。

通う頻度が多い

男性は短髪の人が多いため、1カ月に1~2回のペースで来店することが多いです。
リピートしてくれる男性客がこのペースで来てくれることは、売り上げに大きく関わるため男性客の獲得がいかに大切なのかわかります。

物事の判断が感情的ではない

感情的に判断することの多い女性とは反対に、男性は論理的に判断してくれます。
女性のように衝動的な行動や、ご機嫌をとったからといって商品を購入したり利用することにつながることは少ないです。
何に重点を置いているのかがそもそも違うので、女性の接客と男性の接客は使い分けることが大切です。

たとえば、女性は会話の中に共感を求めてきます。したがって共感しながら話を進めていくと割とスムーズに話を運ぶことができるのです。
ですが男性は、結論を重視します。余計な忖度より結果的にどうなるかを打ち出すことが必要になってくるのです。

仕上がりで判断する

男性はサービスや接客態度がいくら素晴らしくても結果を重視する傾向にあります。
女性はサービスや接客、雰囲気、居心地の良さなど総合的な判断をする人が多くいますが、男性は結果的に自分の好みのヘアカットにしてくれたかが大切です。
もちろん接客やサービスも丁重に行う必要はありますが、よくお客様の意見を聞き出し理想のヘアスタイルを作っていきましょう。

男性が美容室を選ぶポイントは?

男性が美容室を選ぶ理由はどのようなことなのでしょうか。
リアルな意見を聞くことで、ターゲットとなる客層がわかりアプローチしやすくなります。

家や職場から近い

月に1~2回は美容室に通うため、家の近くや駅に出たときについでに行ける店舗が行きつけになると思われます。
お店の立地が駅近なら学校や仕事帰りの男性が通ってくれる可能性があります。
住宅街だったら、高齢の方やファミリー層を対象とした営業スタイルが効果的でしょう。

金額が安い

やはり月に1回は通うため値段を気にする人が多くいます。
今や1,000円カットなど、安くて短時間で済んでしまう店舗も増えてきています。
美容室で3,000円以上する料金を出して納得のいかないヘアスタイルにされてしまったら、その美容室を利用することはもはやないでしょう。

カットの価格に見合う結果でなければ通ってもらうことはできません。細かいカウンセリングや接客サービスをし、やっぱりこっちの美容室にして良かったと思ってもらえるよう工夫が必要です。

口コミの評価が良い

口コミは実際に利用した客が書き込むので信用性があります。
口コミが高評価だと多少高くても安心してお金を払えるという声もあるほど、口コミは重要な役割をしています。
特に同じ男性の口コミがあると、新たなる男性客の集客に役立つことでしょう。
もしも悪い口コミがあった場合でも返信可能ならきちんと対応することで、お店の印象は確実に良くなります。

時間がかからない

男性は女性と違い美容室でおもてなしされたいわけではないので、40分から長くても60分くらいで済ませると不満につながりません。
カットだけなのにいつもまでも待たされるような美容室に定期的には通ってはくれないでしょう。

メニューが充実している

最近はおしゃれに気を遣う若い男性も増えてきています。メニューに眉毛カットを取り入れている美容室もあり、男性の利用者も増えてきています。若い人ばかりでなく接客や営業をやっている方は身だしなみを整えることも仕事柄必要とされています。

さらに男性特有の薄毛や加齢臭の悩みに応えるヘッドスパなどを取り入れると、30代以降の年齢層にも需要があるかもしれません。

まとめ

男性客を集客することはお店にとって大きなメリットになります。客層を見て男性が少ない場合は、改善策を行ってみましょう。店舗の立地などからどのようなアプローチが効果的か考えてみてはいかがでしょうか。

美容室の経費削減、解決します!
—>