問い合わせ 問い合わせ

集客動画 集客動画

資料ダウンロードボタン

集客

集客に活用しよう! Webマーケティングの基礎知識をわかりやすく解説

美容室集客のWebマーケティング

美容室はコンビニよりも多いと言われています。全国でお客様の奪い合い、生き残り競争が激しく行われているのがよくわかります。美容室が生き残るためには効率よく集客する必要があります。宣伝広告や集客にWebマーケティングを活用していますか? インターネットが主流となった現在には非常に有効的な集客方法です。今回はWebマーケティングについて詳しく解説していきます。

Webマーケティングとは

Webマーケティングとはインターネットを利用して行うマーケティングのことで、WebサイトやWebサービスを利用して宣伝や集客を行うことを言います。
Webマーケティングにはさまざまな種類があり、集客からお客様へのアフターフォローまで幅広く活用できます。

Webマーケティングにはどのような種類があるのでしょうか。それぞれの特徴を知ることでどれを取り入れればいいのか具体的なイメージがつかめます。

オーガニックサーチ

オーガニックサーチとは検索エンジンでキーワードを入力して調べることで、スポンサー広告などを除いた後に表示される部分を言います。
検索で上位になることはアクセス数と非常に関係していて、場合によっては無料で数万・数千ものアクセス数を得ることができ、抜群の集客効果が期待できます。
ですが、上位に来ることは簡単ではなく、自社サイトのSEO(検索エンジン最適化)対策をしっかりと行う必要があります。

リスティング広告

リスティング広告とは、費用を支払うことで検索エンジンの検索結果ページやWebサイトの広告枠に掲載できる広告のことを言います。
掲載してもクリックされなければ基本的に広告費用が発生しないので、月額1万円~と少額で始められるWebマーケティングとなり初心者でも始めやすい手法です。

リスティング広告には大きく分けて3種類あります。

検索連動広告

検索連動型広告とは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンの検索結果上部もしくは下部に出てくる広告で、検索されたキーワードとマッチング度が高い広告が入札によって表示される仕組みです。多くの方がキーワード検索を利用するため、かなり有効的な集客手段といえます。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webサイトに設置された広告枠にテキストやバナーを掲載する広告で、検索されなくても多くの人の目に入ることが大きなメリットです。
ユーザーの思考や地域エリアなどを絞れるため、合理的な宣伝方法として活用できます。

YouTube広告

YouTube広告はYouTubeを利用した際に掲載される広告のことです。
今や若者を中心に多くの人々がYouTubeを利用していて、YouTubeを利用した宣伝広告は主流となっています。

SNS

SNSを利用した手法としては、インスタグラム、Twitterがあります。
それぞれ利用している年齢層や特徴があるので、どれを利用することが有効か検討するのが大切です。
SNSのメリットとして、費用があまりかからないので、上手く活用することができれば非常に効率の良い宣伝効果を生むことができます。

インスタグラム

インスタグラムは世界中で若者を中心に利用者数が増えていて、投稿するだけで宣伝効果があり、動画もフィード投稿なら1分まで可能です。
ヘアスタイルをアップしたり、おすすめのカラーを紹介したりとお客様とのコミュニケーションツールとして大いに活躍してくれます。
こまめに更新することが必須になりますが、インスタグラムをきちんと更新しているとお店に好感度を抱きやすくなり、見てくれた人も利用した後のイメージを持ちやすくなります。

Twitter

Twitterは拡散したり、リアルタイムでの投稿ができるコミュニケーションツールとして、多くのメディアも利用しているSNSです。
集客にはもちろん、「お得なキャンペーン」や「すぐにご利用できます」などの周知事項もすぐに投稿できますし、コロナウイルスなどによる臨時休業や営業状況などのお知らせにも利用できるなど、幅広く活躍してくれます。

メールマガジン

メールマガジンはメールアドレスを登録してくれたお客様に対して、アフターフォローや集客を促すメールを送ることができます。
来店してくれたことに対するお礼のメールや、利用から2カ月が経過したお客様に「そろそろご利用いかがですか?」などコミュニケーションの一環として活用できます。
メールマガジンを送るときの注意点として、必ず最初に登録の同意を得ること、メール文に毎回解除のリンクをつけることが義務付けられています。

LINE

メールマガジンと同じく、個別にお客様とやりとりできる手段としてLINEが注目されています。
スマートフォンを持っている人のほとんどが使用しているといっても過言ではないくらい普及しているLINEを活用することで、効率良くお客様とコミュニケーションをとることができます。

最近ではビジネス用のLINEアカウント(LINE公式アカウント)を利用している美容室も多く、普段使っているLINEと同様にお客様とトークできたり、キャンペーンのお知らせなどを登録してくれたお客様に一斉に送ることもできます。

有料のオプションを付けてさまざまなサービスが利用できますが、無料でも利用することができます。
メールマガジンにも同じことが言えますが、まずは登録してもらわないといけないので普及するまでかなりの工夫が必要です。

美容室の検索予約サイトを利用する

美容室を探している人がオーガニックサーチと同じくらい利用しているのが、ホットペッパービューティーなどの美容室の検索予約サイトの利用です。
地域内にある美容室で、メニューや金額などが比較できるので、利用している人はかなり多いのではないでしょうか。

サイトに掲載してもらうには費用がかかり、検索上位に表示するには高い料金プランに加入する必要があります。また口コミが良いとアクセス数が伸びプラスに働きますが、口コミが少ない、評価が悪いとなると逆効果になる恐れがあるので、改善や努力することも重要です。

そのため利用者との折り合いが悪いとマイナスになる恐れもありますが、ひとつのサイト中で、予約の受付やクーポンの提示、メニュー、口コミ、店内写真、スタッフの紹介、他店との比較などが一度に確認できるので、利用者側からすれば非常に使い勝手の良いサイトです。

まとめ

Webマーケティングは現代のインターネットやSNSの普及により広告宣伝やコミュニケーションツールとして欠かせないものになってきています。Webマーケティングと聞くと難しく考えがちですが、まず最初は気軽にできるものから始めてみるといいでしょう。

美容室におすすめのWebマーケティング基礎知識
美容室におすすめのWebマーケティング基礎知識...
—>