問い合わせ 問い合わせ

集客動画 集客動画

資料ダウンロードボタン

集客

他店と差をつけよう! 美容室のインスタ集客ノウハウ

美容室のインスタ集客ノウハウ

「美容室の集客」はかなり競合が多く激戦の状態が続いているため、集客に頭を悩ませる経営者やスタイリストが多くいます。そこで最近注目されているインスタグラムを使用した集客方法を現役美容師ライターのぽんがご紹介します。

インスタグラム集客の必要性

実はインスタグラムで集客することに抵抗のある美容師もいます。「そもそもなぜ必要かわからない」「インスタグラムだと若い子ばかりなのでは?」と思っている人が多いようですが、インスタグラム集客が必要なのにはきちんと理由があります。まずはその理由を3つ紹介しましょう。

ネットではなくインスタグラムで検索する時代になっている

1つ目は「ネットではなくインスタグラムで検索する時代になっている」ということです。かつてお客様が美容室を探そうと思ったとき、まずすることと言えば「ネットでの検索」が主流でした。ホットペッパーを見たり、近所の美容室のホームページを探してここのサロンに行こう!と決めていたと思います。

しかしSNSが普及し、私たちの生活に浸透している今は「インスタグラムで検索する」という層が急上昇しているのです。そのため「美容室のホームページはあまり確認しない」という人も増えてきているので、時代の流れに乗るためにもインスタグラム集客は必要になります。

幅広い世代でインスタグラムが使用されている

2つ目は「幅広い世代でインスタグラムが使用されている」ということです。少し前であれば「インスタグラムは若い子が使用している」「ある程度の年齢の方はインスタグラムはほぼ使用しない」というイメージがあったと思います。しかし今は世代は関係ありません。50代や60代の方がスマートフォンを使用しているように、「当たり前にインスタグラムを使用している」という人が非常に多いのです。

「インスタグラム利用率」を年齢層で比較すると、1番多いのは20代から40代の層であることがわかっていますが、50代で使用している人は10代よりも多いことも判明しました(出典:ガイアックスソーシャルメディアラボ )。想定よりも幅広い世代で使用されていると思いませんでしたか? このデータから、いろんな世代に対応するためにもインスタグラムで集客するというのは大きな手段の一つだと言えるでしょう。

インスタグラムのほうが広告感がない

3つ目は「インスタグラムのほうが広告感がない」ということです。人は広告感のあるものを嫌悪しがちな生き物です。なぜなら「何か売りつけようとされている」「何か買わされるのではないか」など、心配や疑いから入ることが多いからです。美容室の広告でも同じことが言えます。たとえば「駅前で美容師が配っているチラシ」をもらってくれる人って多いでしょうか? おそらくほとんどの美容師が「あまりもらってくれたことがない」と答えるでしょう。これは「宣伝している」という行動に対して無意識に人は嫌悪感を抱いているからなのです。

しかしインスタグラムはこの「広告感」が薄まるのです。なぜならインスタグラムは「何となく見ている」人が多いので、他のユーザー投稿に紛れて配信されても、それを広告だと認識して嫌悪する人が少ないのです。またその広告のビジュアルがおしゃれで目を引きやすいものであれば、ユーザーは「目を留めて文章を読む」ということをしてくれます。これが簡単にできるのがインスタグラムなのです。

インスタグラム集客の方法

インスタグラム集客の必要性は理解していただけたかと思います。しかし「実際にインスタグラムの集客方法はどうしたらいいの?」「インスタグラムを利用していないからよくわからない」という美容師さんも多いのではないでしょうか? そこでインスタグラムを使った集客方法を3つご紹介します。

お客様像を設定する

1つ目は「お客様像を設定する」ということです。ビジネス用語では「ペルソナ設定」と言われています。この設定を事前にきちんとしておくことで「どんなお客様に届けたい投稿なのか」というのが見ているユーザーにも伝わりやすいですし、こちらも軸がブレずにインスタグラムの運用ができるようになるので必ず設定しておきましょう。ポイントは「自分の美容室にはどんなお客様が来るのか」「自分はどんなお客様を担当したいのか」を明確にすることです。

たとえば「塩基性カラーを使用した派手なカラーが好きなお客様を担当したい」というようであれば、派手なカラーが好きな人に向けた発信が必要です。派手なカラーをする人の年齢、職業、よく行くお店、好きそうなもの、休日の過ごし方、性格など自分である程度想像してみると、「大学生くらいで個性的なものが好きそう。アートや流行りものにもアンテナを張っていて、人と被ることを嫌がっていそう」など人物の仮説を立てることができます。このあなたが立てた仮説の人物が好きそうな発信を心がけることで「自分がターゲットにしたい」という人に投稿を見てもらいやすくなります。

ユーザーが欲しい情報を発信する

2つ目は「ユーザーが欲しい情報を発信する」という方法です。インスタグラムは情報の検索ツールとしても利用されているので、有益な情報を発信することは必須です。しかしその内容が「ユーザーが欲しい情報」でなければしっかり読まれることはありませんし、あなたの投稿を飛ばして下にスクロールしてしまう可能性が高いでしょう。

そうならないために、まずは上記で決めたお客様像が欲しい情報をメインに発信してみましょう。たとえば「派手なカラーが好き」という人は、「次に施術するカラーを探している」という可能性があります。だから投稿内容は「派手なおすすめカラーランキング」「派手なカラー好きの中でも注目されているヘアカラー」にしてあげると、「こんなカラーがいいかも」「ここのサロンにお願いしようかな」となる可能性があります。

SNSで美容室をアピールして集客しよう! 発信する情報のポイントはコレだ!美容室は非常に競合が多い業界です。自分の美容室に来てもらうためには、他の美容室よりも魅力的なアピールをしなくてはいけません。そこでおすす...

メンションしてもらう

3つ目は「メンションしてもらう」という方法です。メンションとは「自分のアカウントが他人の投稿でシェアされる」ということで、ほとんどの場合はストーリー機能でメンションされます。このメンションをお客様にしてもらいましょう。なぜならお客様にメンションしてもらうことで、お客様のフォロワーはその投稿を見ることになります。

そうすると「どこの美容院に行ってきたのか」「どんな髪型にしてもらったのか」ということを、お客様のフォロワーに知ってもらうことができるので「自分は何もしなくても勝手に宣伝されている」という状態になります。いわゆる口コミと同じものがインスタグラム上で行われているようなイメージです。

まとめ

今後、美容師は必ず「インスタグラムでの集客」が必要になります。なぜなら「ネットではなくインスタグラムで美容室を検索する時代になっている」「幅広い世代でインスタグラムが使用されている」「インスタグラムのほうが広告感を感じない」という理由からです。インスタグラムのほうがお客様も気軽感がありますし、生活ツールとして利用している人が大勢いるので必ず運用しましょう。

集客方法としてまずやることは「お客様像を設定する」「ユーザーが欲しい情報を発信する」「お客様にメンションしてもらうこと」です。まずはこれを行うことで「インスタグラム運用の軸がブレない」「自然にサロンを宣伝できる」というメリットがあるので、手始めにこの3つを意識し運用しましょう。運用しながらデータを分析し、次の施策を考えて改善していけば必ず集客につながります。

美容師がインスタを使って集客する方法! インフルエンサーになろう!スタイリストになったら、集客をするためにモデルハントをしたり、さまざまなSNSを活用する方も多いのではないでしょうか。 なかでもイ...
—>