問い合わせ 問い合わせ

マネー

美容室経営に必要な利益率を学ぼう!(計算式も紹介)

美容室経営に必須の利益、利益率とは?

美容室を経営していく上で知っておくべきことの一つに「利益率」があります。店長やマネージャーに昇進した方、将来独立して美容室を開業したいと考える方は必要知識になるので必ず押さえるべき指標になります。
そこで、今回は美容室経営に必要な利益率についてお伝えします。

利益率とは?

利益率とは、売上高に占める利益がどの程度含まれているのか占める割合です。
最後に手に残ったお金が利益とまずはイメージしましょう。
売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益など利益には複数の種類が存在します。今回の利益とは「営業利益」を指すことにします。

売上総利益

売上総利益(粗利)=売上-原価

売上総利益率(粗利率)=売上総利益÷売上×100

売上から原価を差し引いた金額が売上総利益になります。会計上では、「売上総利益」と記載されますが、現場では「粗利」と呼ばれることが多いかもしれません。

  • 売上総利益率(粗利率)90%の場合
    たとえば、売上100円で原価が10円であれば、売上総利益は90円で売上総利益率は90%になります。売上 100円 - 原価 10円 = 売上総利益 90円
    売上総利益 90円 ÷ 売上 100円 × 100 = 売上総利益率 90%

売上総利益率を伸ばしていくには、「原価(材料費)を下げる」「売上を伸ばす」といった対策をとる必要があります。

営業利益

営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費=営業利益

営業利益率=営業利益÷売上×100

営業利益は儲けを表す指標です。営業利益率は、美容院を営業して最後に手元に残った利益がいくらなのかを表す指標になります。売上からすべての費用(材料費、水道代、光熱費、家賃など)を差し引いた額が営業利益、営業利益率です。

  • 営業利益率50%の場合
    たとえば、売上100円、売上総利益90円、販売費及び一般管理費40円であれば、営業利益は50円で営業利益率は50%になります。売上総利益 90円 - 販売費及び一般管理費 40円 = 営業利益 50円
    営業利益 50円 ÷ 売上 100円 × 100 =営業利益率 50%

営業利益、営業利益率は本業の美容院で稼いだ利益となります。

経常利益

経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用

経常利益率=経常利益÷売上×100

経常利益は、本業である美容室以外から得た利益の合計になります。美容室の経営がうまくいっているのかを表す指標になります。

税引前当期純利益

税引前当期純利益=経常利益+特別利益-特別損失

税引前当期純利益は、経常利益から臨時的な要因の収益や費用を含めた利益がいくらなのかを示す指標になります。法人税などの税金を支払う前の利益になります。

当期純利益

当期純利益=税引前当期純利益-法人税等±法人税等調整額

当期純利益とは、法人税などを支払った後、最終的に残った利益になります。金額がマイナスになってしまうと当期純損失と記載され、「赤字」とも呼ばれます。

美容院の利益率を増加させるには、客単価平均を増やそう

厚生労働省の統計「生活衛生関係営業経営実態について」から換算すると、顧客1人あたりの平均技術単価:6,118円になります。

全国の美容室の売り上げ平均
美容室の売り上げ平均は? 1人美容室が売上UPのためにやるべき施策数ある美容室が開店していく中で、5年後も存続している店舗はどれほどあるでしょうか? 当然ですが、美容室を存続させるためには、支出を上回る...

利益率をアップさせるには、客単価を伸ばし、コストを抑える必要があります。客単価に関しては、低価格のワンコインメニューで安くて早いメニューの導入を検討してみてください。そのようなメニューであればオーダーしやすいので、客単価アップを見込むことができます。また、客単価をアップできても費用がかかりすぎては意味がないので、コストカットも意識していかなければ利益率を増加させることはできません。

常連のお客さんを増やそう

常連のお客さんを増やすことによって、リピート率が上がり広告宣伝費を下げることができます。また、リピーターを増やす方法として、SNS(Twitter、Facebook、インスタグラム)やLINE公式アカウントからの集客、DMやメルマガでクーポンを提供したり、ポイントカードで値引きや特典を設けたりなどの施策で常連のお客さんを増やしていきましょう。

まとめ

今回は美容室経営に必要な利益率についてお伝えしました。
売上を伸ばすだけでは利益を伸ばすことができず、原価だけではなく経費も管理することができなければ利益を伸ばしていくことはできず、赤字経営に陥ってしまうかもしれません。
売上に見合った原価、経費をバランスよく配分し利益を向上させていきましょう。

 

美容室向け電子書籍サービス「ビューン読み放題タブレット」!
1アカウント500円/月で雑誌300誌、マンガ20,000冊が読み放題のおすすめ美容室向け電子書籍サービス「ビューン読み放題タブレット」。最新号だけではなくバックナンバーも読むことができます。

サービス詳細
雑 誌 300誌
マンガ 20,000冊
利用端末 スマホ・タブレット・PC
利用方法 ウェブブラウザ
最低契約数 1端末~
契約期間 なし
料 金 1アカウント500円/月
追加1アカウントごと500円/月

タブレットも月額1,200円からレンタル可能

コロナ対策、経費削減にも効果あり!
美容室向け電子書籍読み放題サービス「ビューン読み放題タブレット」
サービス詳細・お問い合わせはこちらまで!

 

美容室経営に必要不可欠な原価率を学ぼう!(計算式も紹介)美容室を経営していく上で知っておくべきことのひとつに「原価率」があります。店長やマネージャーに昇進した方、将来独立して美容室を開業したい...
美容室経営に必須の損益分岐点売上とは?
美容室経営に必要な総益分岐点を学ぼう!美容室を経営していく上で経営者は、利益を把握する必要があります。赤字にならないために達成すべき売上高である損益分岐点を計算し数値目標を持...
美容室経営で失敗しないための知識
美容室の経営で失敗しないためには? 経営者が学ぶべき経営知識とは?美容室の経営者になるためには、念入りな事前準備が欠かせません。資金の確保はもちろんのこと、経営の知識をしっかり学ぶことも大切です。生半可...
美容室経営のポイント
美容室の経営のポイントとは? 失敗しないために今日からできること自分の美容室をオープンするという夢を叶えた後は、経営を軌道に乗せて美容室を長続きさせたいと思うのは、当然の流れです。 店舗を経営す...
美容室が経費として落とせるもの・落とせないもの
経費で落とせるものは? 美容室経営で知っておくべき経費の知識美容室の経営では、経費の考え方を理解しておくことはとても重要です。しかし経費の中には経費として計上できるかが明確に判断しづらいものも多く...
まずはお気軽にご相談ください。

運営元:株式会社春うららかな書房
0120-887-748