問い合わせ 問い合わせ

集客動画 集客動画

資料ダウンロードボタン 資料ダウンロードボタン

店舗運営

美容室の名前の決め方とは? 後悔しないサロン名の決め方とポイント

後悔しないサロン名の決め方を解説

美容室を開業する際に経営者の頭を最も悩ませるのがサロン名です。いくら想いがこもっていても顧客が馴染みにくい名前や覚えにくい名前だと今後の営業に支障をきたしてしまう可能性があります。

この記事では、美容室のサロン名を考える際に気を付けるべきポイントや後悔しない名前のつけ方について解説します。

美容室・美容院の名前の重要性

美容室を開業する際、サロン名は今後のサロン経営を左右する程大切なものです。もちろん法的に途中で変更することは可能ですが、顧客が混乱したり違う美容室だと思われてしまうリスクは避けられません。

開業直後は特に美容室だと認識してもらえるニュアンスを持ったサロン名であることも重要です。チラシ・ショップカード・インターネットなど様々な媒体を使って告知をしても、サロン名で美容室だと認識してもらえなければ集客が困難になるでしょう。近年では美容室の口コミも集客に大きな影響を与えると言われており、口コミで拡散してもらいやすいサロン名にすることも大切です。

サロン名を考える際に注意すべき点

美容室の今後を左右するサロン名。様々な点に注意して万全なサロン名を決める必要があります。まずはサロン名を考える際に注意すべき点と、その理由について解説していきます。

他のお店が商標登録をしていないかを確認する

登録商標とは同じ業種間で他のサービスと区別するために公的に登録する商標のこと。特許庁に申請して、内容が認められれば商標登録できます。登録できる商標は、企業名や事業名、製品名など様々な種類があり、商標登録した商標には商標権が発生するため独占的に使用できるようになる制度です。万が一、他の企業が登録した商標を使用した場合には商標権の侵害として商標の使用を法的に禁止することもできます。

基本的なことですが、サロン名は他社が商標登録していないものを選ぶ必要があります。開業後に商標権の侵害を訴えられた場合サロン名を変更しなくてはいけなくなる上、場合によっては賠償金を求められることも。商標登録されている名前は全く同じ物を使えないのはもちろん、混同してしまうと判断されるような似た名前にした場合も商標権の侵害にあたる場合があります。業種が違う場合には商標権の侵害とならないため、美容室として商標登録されている名前と同じ、または似た名前にならないようにしましょう。

商標は特許庁が公開しているサイトで確認することができます。ある程度希望するサロン名の候補が決まった場合には、商標登録されていないか必ず確認しましょう。

近くの競合店と被るような名前は避ける

美容室の名前を考える際には競合店と被らないことも大切です。あまりに似ているサロン名では、顧客が混乱してしまい競合店の予約客が間違えて来店してしまうというトラブルも。特に最近はサロン名の上につける「ヘアサロン◯◯」といった冠にも注意が必要です。「髪質改善サロン◯◯」というようにあまり耳馴染みのない冠で競合店と被ってしまうと、顧客は系列店や姉妹店だという印象を持ってしまうこともあるでしょう。

同じ地域で似たサロン名にしてしまうことで、検索しても詳細が分かりにくくネット集客で不利になってしまう場合もあります。事前に近隣の競合店をリサーチして、区別できるサロン名にしましょう。

名前や響きに変な意味がないかをチェックする

日本語には、様々な意味があります。特に最近ではネットスラングや造語など、従来の意味とは違う捉え方をされる言葉も。外国語も含むと、一般的には知られていない意味を持つ言葉も存在します。

また日本語では特に問題の無い言葉が、ローマ字表記することで外国語として意図しない意味を持ってしまう場合があるので注意しましょう。意図しない捉え方をされて敬遠されてしまっては、集客で不利になってしまいます。日本語、外国語、造語やネットスラングなど様々な角度から検証して、意図する意味を持ったサロン名を考えましょう。

サロン名の決め方とポイント

サロン名を考える際に注意すべき点を理解した所で、実際に名前を考えてみましょう。続いては、サロン名の決め方やポイントについて解説していきます。

誰でも読める、覚えやすい名前にする

サロン名を考える時は読みやすさや覚えやすさ、言いやすさを考えることも大切です。

店舗の看板に掲げたサロン名の読み方が分からなければ、顧客はインターネットで検索することもできなければ、予約先の電話番号を調べることもできません。さらに施術を気に入って知人に紹介したいと思っても、覚えにくいサロン名や言いにくいサロン名だと場所や外観などの抽象的な口コミしかできないでしょう。評判を聞いた人も、結局サロン名が分からなければ検索しにくく折角の潜在顧客を失ってしまうこともあります。

覚えやすさや言いやすさを意識するなら、サロン名は出来る限りシンプルで短いものがおすすめです。特にカタカナ表記したとき5文字以内で発音できる名前は、人に覚えてもらいやすいと言われています。

カタカナ読みができる名前にする

意外と見落としがちなのがサロン名をカタカナ表記した時の書きやすさや読みやすさです。
これまでチラシやハンティングがメインとなっていた集客ですが、現在ではパソコンやスマホの普及に伴いインターネット検索が集客の大きな要となっています。

サロン名が日本語でも英語でも、顧客のほとんどはカタカナ表記で店名を入力して検索するでしょう。特に「ヴィ」と「ビ」、「ジ」と「ヂ」などカタカナ表記した際に間違われやすい文字が含まれるサロン名は、インターネット集客において不利になる場合があります。多くの人が間違いなくカタカナ読みできるサロン名を意識しましょう。

聞き取りやすさを重視すれば、自然とカタカナ表記しやすい名前になる場合が多いです。聞き取りやすいサロン名は、電話予約などでも顧客が認識しやすかったり、覚えやすいメリットもあります。聞きとりやすさからサロン名を考えて、カタカナ表記を確認するのもおすすめです。

美容室であることがわかる名前をつける

一目見て美容室である名前は、それだけ認知されやすく集客効果が期待できます。「ヘアサロン◯◯」「ヘアメイク◯◯」や「美容室◯◯」「◯◯美容室」などの名前は、道行く人が一目で美容室だと認識してくれるでしょう。

オシャレさや思い入れを重視するあまり美容室だと分かりにくい名前をつけてしまうと、いくらチラシやインターネットで広告を出しても顧客が美容室だと認識できない恐れがあります。

ネットで検索されにくい名前は避ける

インターネット検索をすると、意図した検索内容と異なる検索結果が出ることがあります。

インターネットの検索サイトでは莫大な情報の中から、キーワードに当てはまる情報かつ多くの人の求める情報が優先的に表示されます。有名な言葉やよく使われる言葉はそれだけ検索サイトにおける表示順位が下がってしまい、美容室を検索している人の目に留まらない可能性が高くなってしまうでしょう。

今や集客のツールとして重要視されているインターネット。他の用途ではあまり検索されない名前をサロン名にして、検索上位表示を目指すのも経営戦略の1つと言えます。

名前に愛着が持てることが大切

美容室の名前を考える際に押さえておきたい様々な要素を解説してきましたが、経営者である自分が納得し愛着を持ってサロン経営をしていける名前にすることも忘れてはいけません。

経営戦略や集客への影響を考えてサロン名を考えるのも良いですが、あまりに理想とかけ離れたサロン名に決めてしまうと後々後悔してしまう場合があります。

まとめ

美容室を開業するのにあたって大切なサロン名の決め方を解説してきました。まずは愛着のこもった言葉の中から、表記のしやすさ、聞き取りやすさ、発音のしやすさなど集客や経営にまつわる部分を考慮すると良いでしょう。納得できるサロン名をつけて、長い美容室経営を有意義なものにしてください。

美容室の経費削減、解決します!
—>