問い合わせ 問い合わせ

集客

お店を盛り上げよう! 美容室のキャンペーンアイデア集

美容室のキャンペーンアイデア集

クリスマス時期や創業記念など、「キャンペーン」はお店を盛り上げるイベントとして多くの美容室で行われています。キャンペーンは目的に合わせて内容やターゲット層を明確にすることで、集客効果だけでなくさまざまメリットが得られます。そこで今回は美容室におけるキャンペーンの狙いとメリット、キャンペーンの主な種類、どうやってお客様に告知すれば良いかなどを解説していきます。

キャンペーンとはそもそもなに?

「キャンペーン」とは、期間を定めて特定のテーマを打ち出した宣伝活動のことを指します。割引や値引きをしなくても、期間を決めて目的に合わせた宣伝活動をすればキャンペーンとして成り立ちます。クリスマスやバレンタインなど季節の行事、お店の新規オープンや開店○周年記念など、期限を設けやすいものに対してよく行われていますね。

キャンペーンのメリット

キャンペーンを行うメリットとして、繁忙期でない時期でも話題性が作れて、集客しやすくなる点が挙げられます。新規顧客獲得だけでなく一度来店してくれたお客様に2回目以降の利用を促すのにも効果的なので、美容室の経営を安定させるためにも定期的に行っていきましょう。また普段利用頻度が少ないようなメニューを試してもらう機会として活用すれば、顧客単価のアップにもつなげることができます。

キャンペーンで大切なこととは?

キャンペーンをするときは、無計画に行うと失敗に終わる可能性があります。キャンペーンは「時期」「ターゲット層」「関連ワード」「メリット」を明確にして、そこから内容を細かく決めていくようにしましょう。場合によっては売上を重視するよりも、純粋にお客様が喜んでくれるキャンペーンを行い、お店のリピーター増加を目的とするのも有効です。

 

キャンペーンの目的

【売上を重視したキャンペーンの場合】

  • 人気メニューを割引し、さらに売上を伸ばしていく
  • 店売品で在庫品を現金化することを目的とする
  • 普段利用してくれている常連さんを対象に顧客単価を上げる

【長期的に見て売上を増やしていく場合】

  • 主力にしたいと思っているメニューや商品に対して興味を持ってもらう
  • お店のファンを増やしていく
  • お客様のリピート率を上げる
  • 新規顧客の獲得
  • 再来店してくれるきっかけ作り

【問題点の改善を重視したキャンペーン】

  • 客単価を改善するためのメニューを打ち出す
  • リピート率の低さを解消する
  • 新規顧客獲得率の低さを解消する
  • 利用率の低いメニューの良さを知ってもらう

美容室のキャンペーンアイデア集

お店の周年キャンペーン

お店の存続を祝うとともに日頃のお礼を自然にお客様へ伝えることができるのが、周年キャンペーンです。毎年実施しても構わないですし、5年ごとなど区切りの良い時期にだけやるのもいい方法です。感謝の気持ちをこめて、通常のメニューより少しお得なセットメニューを出すなど、お客様が実際に喜んでくれるような内容を考えましょう。キャンペーン中に利用してくださった方に、アメニティーを用意しておくのもいいですよ。

気候に合わせたキャンペーン

雨や雪などの悪天候にも関わらず来店してくださったお客様に対して行うキャンペーンです。美容室はほとんど予約してから来店しますが、当日の天候までは予想がたたないので悪天候の場合、キャンセルしてしまうお客様も多いのではないでしょうか。そんなときに来店するとお得になるキャンペーンがあれば、前向きな気持ちで美容室に向かってもらうことができ、キャンセルを減らせるのです。

季節に合わせたキャンペーン

季節に合わせて需要がありそうなキャンペーンを行うことで、集客が期待できます。たとえば梅雨は湿気が多く、くせ毛の方は髪がうねったり広がったりと自分でセットするのも難しくなります。その時期に合わせて縮毛矯正のキャンペーンを行えば、新規顧客の獲得や再来店してくれるお客様を増やすことができるでしょう。

また、クリスマスや卒業式、新生活が始まる時期に、カラーやトリートメントがお得になるキャンペーンを打ち出すのもおすすめです。特別な日や人生の区切りの時期は美容室でキレイにしておきたいという、女性のニーズに応えることができます。

SNSフォローキャンペーン

SNSを利用したキャンペーンとは、美容室のSNSをフォローしてくれている人で「いいね」や「拡散」をしてくれたら、割引などのサービスを受けられるという内容です。最近では、Twitterやインスタグラムの公式アカウントを持っている美容室も多く、お客様には何の手間もかからず拡散力が高いためとても有効な手段だと言えます。

SNSを主体としたキャンペーンを効果的に行うには、準備が必要です。事前にフォロワー数を増やしていること、日頃からきちんとSNSを運営していることが前提となります。

ターゲットに合わせたキャンペーン

ターゲット層を明確にすることで、より具体性のあるキャンペーンを行うことができ集客につながります。たとえば会社帰りの社会人をターゲットにした場合、18~21時まで割引キャンペーンを行うと、平日夕方からの予約の空きを埋める効果が期待できます。主婦層をターゲットにした場合は、子供が幼稚園や学校に行っている午前中を割引対象としたり、子供と一緒にカットすればお得になったりするキャンペーンが効果的です。

店販を促進するキャンペーン

シャンプーやトリートメントなどを店内で販売する「店販」は、お店の売上アップになるため取り入れている美容室も多くあると思います。店販をお得に購入できるキャンペーンを行うことで、商品の良さや使い心地をお客様に試してもらえて、売上だけでなく長期的なリピーター獲得も期待できます。

 

キャンペーンを宣伝しよう

宣伝方法を選ぶ

宣伝活動はキャンペーンの成功を左右するといっても過言ではないくらい重要です。宣伝の手段には、チラシやDM、インターネットを利用して行うものがあります。どれを選ぶのかは、キャンペーン内容やターゲット層、お店の方針などによって異なると思いますが、一番効果的な宣伝方法を見極めることが必要です。

チラシによる宣伝

チラシによる宣伝は新規層をメインに、幅広い年齢や職種の人にキャンペーン実施を告知できます。さらにスタッフが直接手渡しすることで、お店の雰囲気も伝えられるでしょう。配るスタッフは常に笑顔を心がけて丁寧な対応をとることが大切です。

DMによる宣伝

DMによる宣伝は既存客に対して効果が見込めるため、しばらくお店から足が遠のいていたお客様に再び利用してもらいたいときには有効な手段と言えます。開封率が低いメルマガ(メールマガジン)と比べて、DMだとポストから出すときに一度は手に取ってもらえるので、見られる確率は高いと言えます。目立ちやすいように、デザインや内容を工夫するといいでしょう。

SNSを利用した宣伝

SNSを活用した宣伝は、低コストで拡散力が高く、特に若い世代をターゲットとした場合は積極的に取り入れたい方法です。SNSでの宣伝は、Twitterやインスタグラム、そこからリンクしたホームページ(ブログ)などで、お客様が興味を持ちそうな話題を発信していくことが第一です。これによりフォロワー数を増やすことができ、さらに宣伝効果を高められます。SNSで情報を発信するときは、少なくとも1日1回、発信する情報のジャンルを統一して行うとファンになってくれる方が増えやすい傾向にあります。

まとめ

キャンペーンはお店を活気づけるための、とても有効な宣伝手段です。いろいろなタイミングで定期的に開催するとお客様も飽きずに通い続けてくれて、居心地のいい美容室にすることができます。どうしたらお客様が喜んでくれるかを普段の接客の中から見つけて、キャンペーンを成功させていきましょう。

まずはお気軽にご相談ください。

運営元:株式会社春うららかな書房
0120-887-748