問い合わせ 問い合わせ

集客動画 集客動画

資料ダウンロードボタン

マネー

美容室経営者の年収相場は? 意外と知らないオーナーの収入事情

美容室経営者の年収相場

「いつかは自分のお店を持ちたい!」という夢を持っている美容師は多いと思いますが、やっぱり気になるのが独立した場合の収入。なんとなくきらびやかなイメージのあるサロン業界ですが、果たして美容室オーナーとなった場合の平均年収はどれくらいなのでしょうか? 今回はアシスタント、スタイリストから、独立して美容室を経営している人に至るまで、それぞれの平均年収を詳しく解説します。

美容師全体の平均年収は約280~300万

まずは経営者に限定しない、美容業界全体の年収相場から見ていきましょう。厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、2019年の理容・美容師の平均年齢は31歳で、年収は平均311万4,000円とのこと。ただしこれはあくまでも平均値なので、実際には約280~300万円程度が相場のようです。

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると国民の平均年収は30代前半で410万円、30代後半で315万円とされているため、やや少ないと感じてしまうかもしれませんね。もちろんこちらも平均値なので、居住地や事業規模によっても平均年収は大きく異なります。

アシスタントは平均200万円弱

続いてはキャリア別の平均年収を見ていきます。まずはアシスタントから。アシスタントは美容師としてはまだ見習いの期間なので、平均年収は200万円弱と低めです。
美容師の国家資格を取ってもいきなりお客様の髪を切れるわけではなく、しばらくはスタイリストのサポートをしつつ、基本的なノウハウや技術を学ぶことになります。低い収入に加えてトレーニング用の出費がかさむので、やりくりに苦労する人も少なくありません。

スタイリストは平均350万円

見習い期間を終えてスタイリストになると、平均年収もアップして350万円となります。月収に換算すると30万円弱なので、お金にも気持ちにもいくらか余裕が生まれてくる頃ではないでしょうか。
なお多くのサロンではスタイリスト内でのランク分けがなされており、アシスタントに昇格したばかりのスタッフと、多くの指名客を抱えるスタッフとでは収入が大きく異なる場合もあります。さらにチーフや店長などの役職に就くと、役職手当が上乗せされるのが一般的です。

タブレット版電子書籍

 

美容室経営者の平均年収は400~500万円程度

ここからはいよいよ、美容室オーナーの平均年収を探っていきましょう。
実は、美容室経営者の平均年収に関する公的なデータは存在しません。美容室全体の平均年収はさきほどご紹介したような資料があるのですが、「美容室の経営者」に限定された統計調査は行われていないのです。そのためあくまでも推測の域を出ませんが、年代別の平均年収などを考えると、一般的には400~500万円程度であると考えられます。

ここで注意したいのが、「年商」と「年収」の違いです。たとえば店舗の売上が年3,000万円(年商)あっても、そのすべてがオーナーの収入になるわけではありません。実際にはここから店舗の家賃やスタッフに支払う人経費、設備などが出ていき、残りがオーナーの取り分(年収)となります。

独立して軌道に乗ればアシスタントやスタイリスト時代より収入が増える確率は高そうですが、こう考えると、メディアに出演しているような高収入の経営者はごく一握りであることが分かりますね。それでも年収400~500万円というのは、現代の日本においては決して低くないと言えるでしょう。

売上からオーナー年収を試算してみる

ここで、独立後の収入を簡単にシミュレーションしてみましょう。店舗売上のうち80%が人件費を含む経費になるとして、残りの20%がオーナーの取り分と考えます。仮に年商が2,000万だったとすると、オーナーの取り分は2,000×0.2=400万円です。

つまり、年収1,000万円を達成するには年商5,000万円の美容室をつくる必要があると分かりますね。全国の美容室の平均売上は年間およそ1,300万円と言われているので、これはなかなか大変な目標です。

美容室の売上や経費は、スタッフの人数によっても大きく異なります。ひとりのスタッフが1日に接客できるお客様の数は限られており、単純に考えると雇用しているスタッフが多ければ多いほど年間の売上は上がるわけです。しかし、スタッフを雇用するとそれだけ人件費もかかるので注意してください。美容室のオーナーとして経営を成功させるためには、このあたりのバランスを冷静に見極める力が必要です。

 

美容室オーナーが年収を増やす方法

ここまで美容室オーナーの平均年収をご紹介してきましたが「なんだ、案外稼げないんだ」とがっかりしてしまった方もいるかもしれませんね。しかし、オーナーには、美容室の経営方針を自分自身で決められるという大きなメリットがあります! その分責任も伴いますが、要点さえ押さえれば収入を上げることは十分可能です。そこで最後は、美容室オーナーが収入を増やすために重要なポイントを解説します。

複数店舗経営

収入を増やすための最も一般的な手段は、やはり複数店舗経営です。さきほどもお伝えした通り、美容室の売上というのは雇用しているスタッフの人数に大きく左右されます。店舗が増えればそれだけ雇用人数も増え、収入アップを期待できるというわけです。

ただし複数店舗を経営すると、それだけ家賃も上乗せされることになります。また、すぐに軌道に乗るとは限らないため、基本的にはまず1店舗をしっかりと運営し、余裕が出てきたら2店舗目を出すという流れが王道です。一方で、2店舗目にはこれまで培った経営ノウハウや人脈などを生かせるメリットもあります。右も左も分からず苦労したオープン当初とは異なり、2つ目以降の店舗に対してはより冷静な視点で経営を行えるでしょう。

経費削減

複数店舗を出すためには、それ相応の事業資金が必要。「収入が安定してきたから、ここからもっと増やしたい」という状況ならともかく、生活が厳しい場合はそんな余裕もないと思います。

そこで考えたいのが、経費削減です。さきほどとは逆の発想で、スタッフの雇用人数を抑えれば人経費を削減することができます。もちろんスタッフを減らせば売上は確実に減ってしまいます。このあたりの見極めは非常に大切で、無計画にスタッフを解雇すると窮地に立たされてしまう可能性が大。美容室にとって人材は非常に重要な財産なので、家賃・光熱費・消耗品などの見直しも視野に入れながらじっくりとコストダウンを考えましょう。

美容室の固定費を抑えるコツ
新型コロナ禍での経費削減対策! 美容室の固定費を抑えるコツとは?新型コロナウイルスの影響で売上が激減してしまった美容室は多く、お店の賃料を支払うことが厳しくなってしまった方もいるのではないでしょうか。...

成功すれば年収1,000万円も可能

オーナーとして美容室を軌道に乗せるのはなかなか大変なことですが、上手にビジネスを拡大できれば年収1,000万円超も夢ではありません。「いつか自分のお店を持ちたい」と考えている人は、スタイリストとしての腕前を上げるのは大前提で、さらに経営者としての知識やノウハウを得ることも同じくらい大切です。また、経営手腕だけでなく、スタッフをひとつにまとめあげる人望や、時代の流れを読むためのリサーチ力、サロンをうまくブランディングするためのプロデュース力なども求められます。

「独立=必ず儲かる」とは言い切れませんが、実際に年収数千万、数億円という美容室経営者は存在するので、実力さえあれば非常に夢のある業界と言えるでしょう。

まとめ

美容室オーナーの平均年収は、一説によると400~500万円程度。きらびやかなイメージとは少しかけ離れているかもしれませんが、十分暮らしていける収入です。経営者として大成功したい場合は、リスクとリターンのバランスを考えつつ、的確な経営戦略を立てるようにしましょう。

—>