問い合わせ 問い合わせ

集客

どんなキャンペーンが効果的? 美容室のキャンペーンアイデア5選!

美容室のキャンペーンアイデア

「リピーターが増えない」「新規顧客が獲得できない」
そんな美容室のお悩みを解消するために、効果的なのが各種キャンペーン! 今回の記事では美容室がキャンペーンを実施するメリットから、キャンペーンの作り方、具体的なアイデアまで詳しく解説していきます。

美容室のキャンペーンにはどんな効果がある?

キャンペーンとは、顧客の行動を促すために一定期間実施する活動のことです。美容室だと「カット料金○%オフ」や「シャンプー無料」など値引き系のキャンペーンが一般的ですが、「シャンプー&トリートメントをセット購入するとヘアオイルのサンプルが付いてくる」といったお客様の「買う」行動を促すキャンペーンも少なくありません。

このように、キャンペーンには「サロンに足を運ぶ」「物販を購入する」「スペシャルコースを体験する」などの行動を促進する効果があります。適切なタイミングでキャンペーンを実施すれば、リピーターだけでなく新規顧客の獲得にもつながるでしょう。

タブレット版電子書籍

 

キャンペーンの作り方

いざキャンペーンを実施しようと思うと「一体どんなキャンペーンにすれば良いの?」と迷ってしまいますよね。そこで、続いてはキャンペーンの作り方を詳しく解説していきます。

既存のキャンペーンアイデアを真似てみる

他のどのサロンとも被らず、なおかつ多くのお客様にアプローチできる……そんな素敵なキャンペーンを思いつけば最高ですが、世の中にはたくさんの美容室があるので残念ながらほとんどのパターンは出尽くしてしまっています。

そこで、まず試してみてほしいのが、他のサロンが実施しているキャンペーンをとにかく調べまくること! その中から使えそうなアイデアがあれば、どんどん真似してみましょう。多くのサロンが実施しているということは、それだけそのキャンペーンは効果が高いということ。奇をてらいすぎて「せっかく準備したのにお客様が全然来ない」なんて悩むくらいなら、世の中で広く使われているアイデアからスタートするほうが断然マシです。

また、いろいろなキャンペーンを真似していく中で「このキャンペーンと別のキャンペーンをかけ合わせたらどうだろう?」「うちの客層だったら、こっちのほうが喜ばれるかも」というように、独自のアイデアを思いついたらどんどんプラスしてみましょう! サロンだけでなく、飲食店やホテルなど他業態のキャンペーンも参考になりますよ。

自分の頭の中を「見える化」する

頭の中だけで考えていると、なかなかアイデアがまとまらず苦労してしまうもの。そこでおすすめのツールが「マインドマップ」です。マインドマップとはキーワードやイメージを放射線状につなげていく思考の表現方法のこと。記憶や発想の整理がしやすくなるので、広告業界をはじめとした幅広い分野で用いられている手法です。

やり方はとっても簡単で、まず紙を用意し、中央に思考のテーマを書き出します。今回は「キャンペーン」が主なテーマになりますね。そうしたら文字を丸で囲み、そのまわりに連想されるキーワードをどんどん書き込んでいきます。たとえば「割引」「プレゼント」「限定」などなど。そして「割引」というキーワードからさらに「カット」「カラー」「トリートメント」というキーワードが浮かんだらその周囲に書き込み、これらを繰り返していくことで自分の頭の中を「見える化」します。頭の中だけで考えているよりも思考がクリアになり、より良いアイデアが生まれるはずですよ。

 

美容室に使える! キャンペーンアイデア5選

美容室にもってこいのキャンペーンアイデアを5つご紹介します。実際にこれらのキャンペーンで成功しているサロンもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

店舗の周年キャンペーン

最も取り入れやすく、気軽に実施できるのが店舗の周年キャンペーンです。開店から1周年、2周年というタイミングで、特別料金のメニューを用意したり、プレゼントを渡したりするなどのキャンペーンを行ってみましょう。その際、「日頃の感謝を込めて」「おかげさまで○周年」などの文言を加えるとなお効果的です。

お客様にプレゼントをお渡しする場合は、ノベルティーアイテムよりも、物販のサンプルなど実用的なものが喜ばれます。また、ヘッドスパやトリートメントのように、普段とはちょっと違うスペシャルな体験メニューを用意するのも良いかもしれません。少なくとも年1回のペースで実施できるため、定期的にキャンペーンを打ち出したいという方におすすめです。

店販を促進するキャンペーン

サロンの売上をアップさせるためには店販(ケア用品などの店頭販売)が有効ですが、一般的な商品と比べるとちょっと高額なので、なかなか手にしてもらえないことも多いですよね。

そこで、店販を促進するためのお得なキャンペーンを打ち出してみましょう。たとえば「シャンプー+トリートメントがセット購入で20%割引」「5,000円以上の購入で10%割引」などなど。一度でも使ってもらえれば商品の良さが伝わるはずなので、とにかく最初のハードルを低くすることが大切です。他のキャンペーンアイデアにプラスする形で、サンプルやミニボトルをプレゼントするのも良いでしょう。

雨の日キャンペーン

天気が悪い日は、美容室への足が遠のいてしまいがち。そこで、雨の日限定のお得なキャンペーンを実施して、集客力をアップさせましょう。雨の日だからこそ、ちょっとしたお得感がプラスされれば「逆に混んでなくて良いかも」という気持ちになる可能性が大です。

とはいえ天候は当日になってみないとわからないので、なるべく準備が必要なく、サロン側に負担のかからない内容を設定しましょう。たとえば「カット1,000円オフ」「前髪カット無料」など、今日は雨の日だとわかったらすぐにでも実施できる内容がおすすめです。また「雨の日は室内でゆっくりしたい」という心理を利用し、カット+ヘッドスパ+トリートメントなどのスペシャルコースを用意するのもおすすめです。

SNSキャンペーン

最近はメールやチラシよりも、SNSでクーポンや情報を発信するほうがより幅広いお客様にリーチできるとされています。そのためにはまずサロンのアカウントをフォローしてもらうことが大切なので、お得なSNSキャンペーンは良いフック(興味を持つきっかけ)になります。

たとえばサロンのアカウントをフォローすることを条件に、「カット10%オフ」「サンプルプレゼント」「ヘッドマッサージ無料」「ポイント2倍」などさまざまなメリットを用意してみましょう。一度フォロワーになってもらえばさらなるキャンペーン情報を発信しやすいだけでなく、サロンのアカウントが頻繁に目に入ることで「そろそろ行こうかな」「今回もあのお店にしよう」という気持ちになっていただける可能性が高まります。

とはいえわざわざサロンの名前を検索してまでフォローしてくださるお客様は一握りなので、看板やポイントカードに店舗SNSのID・QRコードを掲載するなどして、フォローまでの道すじを確保しておきましょう。

年末キャンペーン

1年の終わりに髪をきれいにしたいと考える方は非常に多いもの。また、イベントごとも多いので、普段はサロンに足を運ばない人にアプローチできる絶好のチャンスでもあります。そのタイミングで魅力的なキャンペーンを打ち出せば、お客様にお選びいただける見込みがぐっと高まりますよ。

この時期はカットやシャンプーなど日常的なお手入れよりも、カラーやパーマ、トリートメントのような「おめかし」をするための施術が好まれます。そのため「トリートメント体験無料」「カット+カラー+パーマセットで30%オフ」など、スペシャル感のあるメニューを用意すると喜んでもらえるはず。また、最近は恋人や家族に体験メニューをプレゼントする方も増えてきているので、年末限定のギフトチケットを用意するのもおすすめです。

タブレット版電子書籍

 

まとめ

今回はキャンペーンについての基本的な考え方、そしてすぐ使えそうなアイデアを5つご紹介しましたが、いかがでしたか? 「よし、このキャンペーンを実施してみよう」と思えるアイデアがひとつでも見つかったなら幸いです。まずは既存のキャンペーンを参考に真似してみて、お客様の反応を見ながら自店舗ならではのオリジナリティをプラスしていきましょう。

まずはお気軽にご相談ください。

運営元:株式会社春うららかな書房
0120-887-748