問い合わせ 問い合わせ

集客事例紹介

助成金活用でパーテーション導入! お客様の不安も解消!【atelier Auslese様】

助成金を活用してパーテーションを導入した事例を紹介

ハルトピを運営する春うららかな書房では、コロナ対策に最適なアクリルパーテーションの購入・レンタルを承っています。今回は実際に使用していただいている美容室様でのリアルなご意見をお聞きしました。

お客様の潜在的な不安解消のためパーテーションを導入したという東京・大森の美容室「atelier Auslese」代表、山根太志様のインタビューをお送りします。

お客様の潜在的な不安を解消したかった

――パーテーションを導入される前に感じていた課題はなんでしたか?

コロナ感染対策に不安を抱かれているお客様への対応が必要でした。もちろん店舗としてはこれまでも衛生管理やソーシャルディスタンスの確保など基本的な感染対策は行っていました。

しかし、実際のところ、声には出さなくても不安な表情を浮かべているお客様もいらっしゃいましたね。そういった潜在的に不安を感じている方への配慮やサイレントクレームの解消が必要だと感じていました。

――パーテーションを導入された理由・決め手を教えてください。

お客様に施術するときに「隣に人がいる」という環境を発生させたくなかったのが一番の理由です。

店舗の都合で、一度に3名ほどのお客様を同時に担当・施術することもあるので、お客様同士のソーシャルディスタンスの確保が必要でした。これまでは隣席を空けたり、個室を使うことで対策していましたが、緊急事態宣言が明けた後は、お客様の数が増えることが予想されます。店内のスペースにも限りがあるので、何らかの対策が早急に必要でした。

お客様ごとに反応はさまざま。不安な気持ちに寄り添うためにパーテーションが必要だった

――実際、お客様の反応はどのようなものでしたか?

お客様の中には極端に不安を感じる方もいれば、まったく気にされない方もいて、反応は本当にさまざまですね。

施術の都合上、フェイスラインを確認するときなどは、お客様に一時的にマスクを外していただく必要があります。その際、あまり気にされないお客様はマスクを外した状態でお話しされているケースも見られ、そのことで残念ながらクレームに発展してしまったこともありました。

先ほども話した通り、お客様同士の距離を十分にとるなど、店舗側としては対策をしているつもりでしたが、それでも不安に感じられるお客様はいらっしゃるのだなとその時改めて思いましたね。

お客様の反応に関しては、それぞれの考えがあるので、どれが正しいということは決められないと思います。ただ、店舗としてはやはり不安に感じるお客様の気持ちに寄り添って最大限の対策をしなければいけないと感じていました。

コロナ対策に関してはこれで十分という基準はないので、だからこそ、安心につながる物理的な対策として、パーテーションが必要だったんです。

――導入後に見込んでいる効果について聞かせてください。

パーテーションがなかったから潜在的に不安に感じていたお客様、足が遠のいてしまっていたお客様に改めて利用していただけると見込んでいます。

今回のパーテーション導入で、緊急事態宣言解除後に戻ってくるお客様に安心してご利用いただける環境を作ることができたと思いますね。

――助成金の活用も検討されていると伺いました。

品川区が実施している「新型コロナウイルス感染症対応中小企業支援特別助成事業」という助成金事業に申請しているところです。役所の方と相談しているところですが、必要な書類が揃えば問題なく助成金が交付される見込みです。
こういった助成金の存在もパーテーション導入の後押しになってくれました。こういう制度は本当にありがたいですね。

美容室・美容院向けパーテーション
【飛沫感染予防】コロナ時代の新定番! 美容室・美容院向けパーテーションなかなか終息の兆しを見せない新型コロナウイルス。 そんな状況下にあっても経済活動を止めることはできず、各業種業態でさまざまな対策を取り...

東京23区内でパーテーションの購入に活用できる助成金・補助金まとめ

ここで、2021年7月現在、アクリルパーテーションの購入や設置等に利用できる東京23区の助成金事業をご紹介します。

※レンタル費用は助成金の対象とならない場合があります。詳しくは各自治体までお問い合わせください。
※ここでご紹介する情報は助成金・補助金の適用を確約するものではありませんので、くれぐれもご注意ください。
※助成金の交付にはさまざまな条件がありますので、事前に申請予定の各自治体にご相談されることをおすすめします。

新宿区「おもてなし店舗支援事業補助金」

助成の上限金額・・10万円
助成率・・・・・・10分の10
申し込み期限・・・令和3年9月30日まで

品川区「新型コロナウイルス感染症対応中小企業支援特別助成事業」

助成の上限金額・・20万円
助成率・・・・・・5分の4
申し込み期限・・・令和3年8月31日まで

杉並区「新ビジネススタイル事業導入助成」

助成の上限金額・・50万円
助成率・・・・・・3分の2
申し込み期限・・・令和4年3月31日まで

豊島区「新型コロナウイルス感染防止対策費用補助金」

助成の上限金額・・10万円
助成率・・・・・・5分の4
申し込み期限・・・令和3年9月30日まで

北区「新型コロナウイルス対策設備投資等支援事業」

助成の上限金額・・50万円
助成率・・・・・・2分の1
申し込み期限・・・令和4年2月28日まで

板橋区「ビジネス環境適応事業助成金」

助成の上限金額・・20万円
助成率・・・・・・2分の1(ただし、助成対象経費のすべてを板橋区内の事業者・店舗に発注した場合は、5分の4)
申し込み期限・・・令和3年7月21日(2次募集期間)

足立区「小規模事業者経営改善補助金」

助成の上限金額・・20万円
助成率・・・・・・5分の4
申し込み期限・・・令和3年9月30日まで

このほかにもコロナ対策に使えるさまざまな助成金事業がありますので、まずは店舗のある自治体にご相談してみてはいかがでしょうか!

 

atelier Auslese

住所:東京都大田区山王1-4-3 橋本ビル3F
URL:http://www.a-auslese.com/

まずはお気軽にご相談ください。

運営元:株式会社春うららかな書房
0120-887-748