問い合わせ 問い合わせ

集客動画 集客動画

資料ダウンロードボタン

スキルアップ

元美容師が考える、お客様との距離感はこうするべき!

美容師とお客様の距離感はどのくらいがいい?

お客様と数年もの付き合いになると、だんだん仲も良くなり、距離が縮まっていきます。気付けば、友達よりもお客様のほうが合う回数が多い…なんてこと、ありませんか?

スタイリストになりしばらく経つと、距離感について考えますよね。美容師とお客様、一体どのような距離感が一番ベストなのでしょうか? 今回は、元美容師ライターまーるが、お客様との距離感について解説します。

近すぎず遠すぎず

接客業は、距離感がとても大切です。一番理想的なのは、「近すぎず遠すぎず」な距離
感でしょう。

美容師としての自分のキャラを作り、特別感のあるように接しようとすると、一定のお客様からは好かれるかもしれませんが、結果自分が一番疲れてしまいます。それに、無理しているとお客様に伝わりますし、飾らないそのままの自分で接したほうが自然な形で距離も縮めやすいでしょう。

お客様は「友達」ではない

接する回数が増え、いくら仲良くなったと言えども相手は「お客様」であって「友達」ではありません。友達に接するノリで「タメ口」をきいてしまうと、お客様もいい気分にはならないですよね。

他にも、仕事の愚痴を言ったり、プライベートなことを聞きすぎてしまったりなど、お客様を不快にさせてしまう恐れのある言動は避けましょう。

 

結局人それぞれなので、正解はない

接客業に距離感は大切ですが、人それぞれ「接客スタイル」が異なります。美容師の中にはお客様と肩を組むほど距離が近い人もいますし、カット中はほとんど喋らないという美容師も存在します。

そういった接客スタイルはその美容師の強みです。そしてお客様はその接客スタイルが好きで、リピーターも増えていきます。

また、お客様によっても距離感の感じ方は異なります。ある程度の線引きは必要ですが、結局人それぞれなので、正解はありません。初対面ではNGだったことが、仲良くなれば逆に好印象になったりすることもあり得ます。

自分流のスタイルを取り入れながら、目の前のお客様に対してベストな距離感をつかむのが理想的ですね。

まとめ

お客様といい関係を築くために、距離感はとても大切です。

  • 近すぎず遠すぎず
  • 相手は「お客様」であって「友達」ではないという意識を忘れない

上記の点を気をつけながら、自分の強みを活かして自らの接客スタイルを確立してください。

美容師とお客様のプライベートでの関わり方
美容師とお客様のプライベートでの関わり方、どうすればいい?美容師の中には気が合うお客様とプライベートで会っている人もいて、常連客の獲得や人脈拡大などに役立てています。ただしお客様と職場以外で会う...
まずはお気軽にご相談ください。

運営元:株式会社春うららかな書房
0120-887-748