問い合わせ 問い合わせ

店舗運営

なぜ儲からない美容室になってしまう? その原因と対策をご紹介します!

美容室を繁盛させるには

「美容室の経営を始めたけれど思ったほど儲からない」
「どうすれば今よりも利益を伸ばせるのだろう?」

そんなお悩みを持っている美容室経営者の方もいらっしゃるでしょう。今回の記事では、なぜ儲けが出せないのか? 利益をアップさせるにはどうすれば良いのか? さまざまな経営改善のポイントをご紹介していきます。

儲からない美容室の特徴

まずは改善方法を探るため「儲からない美容室の特徴」を見ていきましょう。

  • スタッフがお客様に好かれる努力をしていない
  • 客単価を上げる努力をしていない
  • 宣伝が正しくできていない
  • トレンドに疎い

みなさまの美容室に上記のような傾向はないでしょうか? 以下、それぞれの項目について詳しくご説明します。

スタッフがお客様に好かれる努力をしていない

美容室のお客様は、「そこのスタッフを気に入っている」ことを理由にリピートしてくれる場合があります。逆に言えば、自社の美容室のスタッフがお客様に好かれる努力をしていないと、いつまでもリピーターを獲得することができません。

美容室の仕事は人と人のつながりで成り立っているので、いくら技術力が高くても、お客様から「このスタッフさんとは合わないな」と思われたらそれまでです。自社の美容室スタッフには、次のような接客指導を行いましょう。

  • 挨拶の徹底
  • ハキハキとお客様に聞こえる声で喋る
  • お客様の好むような話題を提供する
  • 施術中に細かい気配りができるようにする

客単価を上げる努力をしていない

効率良く美容室全体で利益を出すには、客単価を上げることも大切です。そのために下記のポイントを意識しましょう。

  • 店販品のディスプレイの見直し
  • POP作成のクオリティ向上
  • お客様への店販の営業

店販とは主にシャンプーなどケア用品の店頭販売を指しますが、こうした「施術以外」の売上は客単価のアップに大きく貢献してくれます。

とはいえしつこく押し付けるとお客様が不快に感じてリピーターを失ってしまうことにもなりますから、適度な営業活動を心がけてください。まず店販品を施術に使ってみて、お客様が興味を示したら説明に入るといった工夫が必要です。

美容室の店販商品のディスプレイのコツ
美容室の「店販」商品を効果的にディスプレイするためのコツ店内でシャンプーやトリートメントなどの商品を販売する、いわゆる「店販」は、美容室の重要な収益源です。ただしお客様は基本的に施術を受けに来...

宣伝活動ができていない

どんなに良い美容室だとしても、宣伝ができていないと知名度は上がりません。そうなれば新規顧客が流入してこないので、利益を出すのが難しくなります。
以下のような宣伝活動は必ず行うようにしましょう。

  • チラシ、DMの送付
  • TwitterやInstagramのSNSマーケティング
  • 「ホットペッパービューティー」「楽天ビューティ」などポータルサイトでの宣伝
  • 公式HPやブログの活用

どの宣伝方法がベストなのかは、お店の立地条件やお客様の層、周辺にあるライバル店舗の方針などによって変わってきます。まずはいろいろ試行錯誤を重ねてみて、自店舗に合った方法にフォーカスしていくとよいでしょう。

美容室チラシで新規顧客を集客しよう
新規顧客を増やすには? 人気が出る美容室チラシの作り方をご紹介します「美容室のチラシって本当に今でも集客効果があるの?」 「成功するチラシにはどんなポイントがあるのか知りたい」 そんな風に考えてい...

トレンドに疎い

美容室に通うお客様はトレンドに敏感なので、スタッフ側の知識が乏しければ不満に思われてしまうでしょう。

  • 雑誌の購読
  • ネット記事やSNSのチェック
  • 自社内でのミーティングや研修、講習

これらを意識して、常にトレンドに関する知識をアップデートしていってください。

「儲かる美容室」を目指すためには?

スタッフの質を高める講習を行う

美容室は人と人が接する場なので、スタッフ一人ひとりの質がお店全体の評価を左右します。そのため、下記のような講習は定期的に行いましょう。

  • 接客&マナーアップ講習
  • カット、パーマ、カラーなどの講習

接客と施術スキルはどちらかに偏っていても駄目で、両方が一定レベル以上であることが求められます。自社内の講習に加え、さらなるレベルアップを目指すなら外部で実施される講習、セミナーへの参加も検討してみてください。なお、最近はコロナ禍の影響で美容室業界もオンラインセミナーが盛んになってきて、多忙な業務の合間にも勉強しやすい環境が整いつつあります。

ライバル美容室の分析を行う

全国的に美容室の数は非常に増えてきており、利益を確保するにはライバル美容室の分析が必須と言えます。ライバル店の強みが把握できれば、それに応じた個性とコンセプトを打ち出しやすいからです。他店のコンセプトをそのまま真似るのではなく、「他にはない自社ならではの強み」を必ず出していってください。

自社のメインの顧客層に合った戦略を意識する

きちんとメインの顧客層に合った戦略を練りましょう。いくらライバル店を分析して「自社だけの個性」を打ち出せても、それがお客様のニーズから離れていては収益のアップにつながりません。たとえばメインの顧客層がキッズ(親子連れ)向けの場合、次のような方針が提案できます。

  • 子供向けにアニメ映画を流す
  • キッズルームを設ける
  • 子供がスタッフや保護者から常に目視できる店内レイアウトにする
  • 保護者のために短時間で済むメニューを用意する

お店に対する口コミは必ず確認する

自社の美容室に関する口コミ情報は必ずチェックしておきましょう。というのも、お店に対する口コミにはサービスを改善する際に必要なヒントが詰まっているからです。

  • Googleマップの自店舗掲載ページ
  • 自社の美容室のHP
  • 「ホットペッパービューティー」「楽天ビューティ」などのポータルサイト
  • Twitter、InstagramなどSNSでの口コミ

最初から高評価ばかりであればいいですが、「低評価」をつけられた場合は早急に改善する必要があります。お客様が明確な不満を抱いているポイントなので、お店全体で情報共有して解決するように心がけましょう。

口コミからの美容室集客方法と返信サンプル
美容室の口コミで集客するには? 口コミへの返信例や増やし方を紹介美容室での集客で大切な役割である口コミ。新規のお客様にとっては美容室選びのきっかけとなると同時に、固定客にとっても美容室の現状をチェック...

まとめ

最後に本記事を簡単にまとめます。

  • 儲からない美容室には理由があり、それはスタッフの技量など基礎的な不備が多い
  • 利益を出すためには技術向上、ライバル店の分析、適切な宣伝活動が大切
  • 口コミ情報はサービス改善に役立つヒントの宝庫なので必ずチェックする

オープンから1年間で半数以上が閉店すると言われるシビアな美容業界ですが、きちんと利益をあげて5年、10年と生き残っている美容室もあります。お店の安定経営はお客様の利益にもつながることですから、いろいろな視点から積極的に利益アップを目指していってください。

まずはお気軽にご相談ください。

運営元:株式会社春うららかな書房
0120-887-748